業務支援メニュー

Business Support

業務支援メニュー

調達購買コストマネジメント

調達購買コストマネジメントとは?

 病医院では医業収益を獲得するために、経営資源といわれる「ヒト・モノ・カネ・情報・時間」を投入します。そこで得た収益と投入した費用の差が収益となり、継続的な経営を展開することになります。収益をより大きくするためには、適切な「コストマネジメント」で、費用を有効に投入することが重要です。
 コストマネジメントとは、投入する費用を意識的・計画的にコントロールすることを意味します。これにより、経営が安定し、より良い医療サービスが提供することが可能です。

サービスの内容

 実務において、医業費用のコストコントロールを支援もしくは代行します。
【例:医薬品・医療消耗品費の場合】
 ・仕入先の再検討、仕入価格の入札導入などによる検討
 ・品目数並びに種類の検討、在庫数量の適正化など
【例:委託費】
 ・見積合わせなどによる委託先の検討
 ・委託先との定例会議の実施

 全体のコストを1人のスタッフで管理することは不可能です。担当者らが中心となり、政策的・意識的に決定し、管理することが大切です。しかし、発生する費用が多いため、担当者が不在もしくは経験が浅い場合には、その費用が自然発生的に一人歩きしコントロール不能になっていきます。
 コストは病医院が提供する医療サービスを支える重要なものです。そのコストをコントロールすることで、経営の一助となればと考えております。